アコムの無利息キャンペーンで知っておくべき3つのポイントとは?

スタッフアコムの無利息キャンペーンでは一定期間金利0円となります。
下記3つのポイントを守れば金利0円で借入可能です。

「契約日の翌日」から適用
「35日ごと」の返済を選択
※無利息期間中に返済日を迎えることはありません。
遅延したら翌日から利息発生

アコムで無利息でお金を借りる

 
 

アコムには無利息キャンペーン、すなわち「金利0円!」という嬉しいサービスを実施しています。このサービスは他の消費者金融でも行っていることが多く、無利息サービスを利用するにはそれぞれ違いや条件が異なります。

ではどのように違うのかを以下に解説していきたいと思います。

アコムの借入条件と利用方法

先ずは「アコム」の詳細は次のとおりです。


条 件 本人に安定した収入のある方
※主婦、学生もOK(但しパート、アルバイトによる安定した収入のある方)
申込資格 20歳以上69歳以下
使いみち 生計費に限る
※個人事業主の方は、生計費および事業費に限る
利用限度額 800万円
実質年率 3.0~18.0%
遅延利率 20.0%(実質年率)
無利息サービス 契約日の翌日から30日間
返済期日 1回の支払につき35日以内または毎月払い
返済期間・回数 最終借入日から最長6年9ヵ月・1回~80回
担保・保証人 不要

無利息キャンペーンサービス、金利0円狙いで知っておくことべき3つのポイント

無利息サービスというものは、アコムだけでなく実は銀行や消費者金融を合わせて6社の金融会社がサービスを実施しています。

<銀行カードローン>
・新生銀行カードローンレイク
・ジャパンネット銀行ネットキャッシング

<消費者金融>
・アコム
・アイフル
・プロミス
・ノーローン

ここではアコムの無利息キャンペーンサービスについて主に解説しますが、アコムは初回限定30日間無利息キャンペーンサービスを行っています。

サービスは30日以内に完済すれば、実質金利は0円で元金だけ返済すればいいので、急にお金が必要な方や短期での利用を検討している方にとってはおすすめのキャッシングカードローン会社と言えるでしょう。

しかしここで、次の3つの注意しなければいけないポイントがあるのです。

➀ いつから無利息キャンペーンサービスは利用できるの?

無利息キャンペーンは各消費者金融によって利用できるタイミングが僅かに違います。

先ず大きく分けるとするならば、「契約日の翌日から」と「初回借入日の翌日から」の2通りに分けられます。

「初回借入日の翌日から」無利息キャンペーンサービスが適用されるのであれば、決められた金利0円狙いもMAXで利用できますが、注意しなければならないのは「契約日の翌日から」無利息期間が始まる場合です。

なぜならば、契約した翌日からすぐに無利息期間が開始してしまうため、実際の借入が翌日数日経過したら、そのぶんの無利息期間が減ってしまうからです。

アコムの無利息キャンペーンサービスの場合は前者の「契約日の翌日から」から適用されます。借入日の翌日からではないため、予めいくらお金を借りたいのかある程度決めてから契約すれば、数日の無利息期間もムダにすることはなくなります。

➁ もしも無利息期間中に返済期日がきたら返済するべき?

無利息の期間中に返済日がきたら、残高に応じた返済は必要となります。
そしてその場合の入金した金額は元金に充当されます。

数十日の無利息期間が終わると、その時点の借入残高に対して日割りで利息が発生します。

アコムの場合は初めて契約される方対象に、返済期日として「35日ごと」か「毎月指定期日」のどちらかを選ぶことはできますが、無利息サービスを利用したいのであれば「35日ごと」の返済を選択することが条件とされています。

そのため、無利息期間中に返済日を迎えることはありません。

➂ もしも遅延したらどうなるの?

もしも返済し忘れてしまったら、翌日から利息が発生します。つまり、無利息期間自体が無効になることもあります。

更には、遅延損害金が発生します。
無利息期間内の数十日のどこかのタイミングで元金を返せばいいというわけではないため、無利息サービスを利用するときはくれぐれも注意が必要です。

アコムでお金を借りるデメリット

アコムの特に大きなデメリットは次の3つとなります。

最大金利が高い

総量規制に引っ掛かる

専業主婦は借入不可

消費者金融は銀行カードローンと比べると最大金利が高い

消費者金融は金利の高さが最大のデメリットと言えますが、アコムの場合も4.7%~18.0%の金利設定となっています。
この最大金利18.0%はプロミスの17.8%以外ほとんどの消費者金融で実施されており、銀行カードローンの平均最大金利の14%台と比較するとその差は4%とかなり差が開きます。

4%の差は、例えば20万円を消費者金融のアコムとみずほ銀行カードローンで借りた場合の比較をしてみると、

アコムの最大金利18%
金利18パーセントで20万を借りた場合の1ヶ月(30日)利用したときの利息は
20万円×0.18÷365(日)×30(日)=2,958円

みずほ銀行カードローンの最大金利14%
金利14パーセントで20万を借りた場合の1ヶ月(30日)利用したときの利息は
20万円×0.14÷365(日)×30(日)=2,301円

1ヶ月の利息の差は
2,958円-2,301円=657円 となり、もし1年借り続けたとなったら8,000円近くも差が出てきます。

このようなことから一時的に利用するには適してると思いますが、金利が高い分、長期的での借り入れやおまとめ目的で借りる場合には不向きと言えるでしょう。

まとまったお金を借りたい方には不向きなアコム

総量規制とは債務者への過剰貸付を防ぐために、債務者が年収の3分の1を超える借入ができないように定められた規制です。
そのため年収が少ない人ほど借入出来る金額が低くなります。

例えば年収300万円の方は総量規制により、100万円以上の借入ができないようになりました。
ただし、銀行では総量規制の対象外のため、年収の3分の1を超える借入をすることはできます。が、審査も厳しいため銀行カードローンを利用するのはハードルが高いでしょう。

全く収入のない専業主婦は借入不可

アコムは専業主婦の方の借入はできないと言われていますが本当のところはどうでしょうか。

もしも全く収入のない専業主婦は残念ながら申し込むことはできないようです。
アコムは申込み資格を「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方」としており、全くの収入のない専業主婦は難しいですが、銀行では配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも借入可能なため、銀行カードローンを検討してみると良いでしょう。

また銀行では審査が厳しくて無理なため、どうしても消費者金融でお金を借りたい場合は、やはりパートでもいいので月々お金が入ってくることを証明できるようにすることが重要です。

「私は無職ではありません」という多少でも働いて収入があるという形にしてから申込みの審査を受けるのが一番の方法です。

こんな人にアコムの借入は向いている

金利0円サービスを活用できる人
アコムは条件を満たすことで、30日間の金利0円サービスを受けることが出来ます。

このサービスを受けることで、もしかしたらアコムよりも金利の低い消費者金融や銀行カードローン会社よりもお得にお金を借りられる可能性が十分にあります。
一時的にお金が必要な場合で1ヶ月以内に返済できるのなら利用するしかないでしょう。

急なお金が必要ですぐに借りれるキャッシングを探している人
アコムは銀行系カードローンと比べて審査から融資のスピードが断然違います。
その時間は審査が最短30分、融資は申込方法によって差は出ますが平均最短1時間で借りられます。

家族や配偶者、知人に知られたくない人
アコムは家族や配偶者、知人に知られたくない場合でも安心して利用できます。
申込みから借入まで一歩も外に出ることなく、しかもスマホからでも申込みが出来るからです。

また「むじんくん」を利用して申込みすれば即日発行も可能なため、発行の際の書類なども自宅に届くことなく、バレることはないでしょう。
但し、滞納するともしも電話に家族が出てしまうことも考えられるため、返済日には注意を払っていくことも必要です。

家族にバレない他の方法として、アコムのクレジットカードを利用するのも一つの方法です。
アコムマスターカードはWebでの手続き、「むじんくん」でのカードの受け取り、契約書などが自宅に送られることもありません。

こんな人はアコムの借入には向いていない

まとまった金額を借り入れたい人
アコムだけに限ったことではありませんが、消費者金融は銀行カードローンと比較すると審査がゆるい反面金利が高いため、数百万円単位のまとまった金額の融資には不向きです。

返済期間が長くなる人
アコムの場合は金利に基づいて日割りで利息を計算しているという特徴があります。
日割り計算とは、借りたお金の利息が1日単位、つまり借りた日数分だけの利息しか取らない仕組みになっています。

これでは漠然としか分からないので実際の数値で計算してみましょう。

例えば年利18%で10万円を1ヶ月借りた場合の利息は、

10万×0.18÷365(日)×30(日)=1,480円 

1,480円の利息を払うことになります。実はこの方法は消費者金融の一般的な利息の出し方です。

しかしアコムの場合は毎月の返済日より期間を短くして返済することが可能で、例えば毎月の返済日が20日ですが今月に限ってはそれよりも5日早く返済出来る場合、その月の利息が5日分安くなるというのです。

もし5日早く返済すれば、返済期間も30日から25日と短くなり、

10万×0.18÷365(日)×25(日)=1,233円 

で結果247円も少なくて済みということになります。
そのため、アコムは少しの期間だけお金を貸してほしいという方にとって借りやすいシステムとなっています。

~まとめ~
アコムは審査や融資までスピーディーなため、少しでも早くお金が必要だと言う人にはおすすめの消費者金融です。

また、すぐに返済できるのであれば30日間無利息サービスを利用するのも手かも!
ただし、収入のない専業主婦はNG、そして金利も高めのため、借換えやおまとめローンなどのまとまったお金を借りるのにはおすすめはできませんが、「むじんくん」で即日融資出来る点やサービス面が充実している点などを見ると銀行カードローンにはない魅力がいっぱいあるのが見逃せない点となります。

アコム

成約率が高い傾向あり!初めての方におすすめ!!
アコム
実質年率 3.0~18.0%      
借入限度額 1万~800万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間