急なあのチクチクした痛み・・・ズキズキとした鈍い痛み。。
特に痛みがなければ決して自分から足が向くこともない歯医者。

でも、いったん耐え難い痛みが襲ってくると本当にがまんできないものです、歯の痛みというのは・・・。
いつも急で思わぬ出費となってしまうのが歯医者ですが、もしも治療が保険の対象外となってしまえば、治療費は何十万円になってしまうことだってあり得ます。

安心して歯の治療が受けられるために、歯医者さんでの支払い方法やどうしても急な出費に備えて歯のためのお金を借りられるローンというのはあるのでしょうか。

今回は歯の治療でのお金の借り方について解説していきたいと思います。

歯の治療には自由診療のものがたくさんある

歯の治療には緊急性を要するもの、先ほどのように急に歯が痛くなってすぐにでも治療が必要となるものや、急ぐことのほどでもないけど長い期間の間に治療をしていくものがありますよね。

例えばインプラント
インプラントはある程度緊急ですが自由(保険外)診療として扱われる場合がほとんどです。

また、被せ物
歯の治療での銀歯であれば保険内で収まりますが、もしもセラミックで白い被せ物にした場合は保険外(自費)治療となります。

そして矯正
歯列矯正や矯正治療の場合も同じく特定の疾患以外の矯正についても保険外(自費)治療すなわち自由診療となります。
歯の治療は虫歯を治すだけでも何回も通院しなければならないことも多く、治療費も以外にバカになりません。

また、今や白い歯もファッションの一部。
美容院やネイルサロンに行くような感覚でホワイトニングへ足を運ぶ若い世代の女性たちもたくさんいます。
それも「美しい白い歯」への憧れと、願望の強さの表れの結果だと感じ取れます。

では時には数十万円と高額になってしまう歯の治療費ですが、お金がないからと諦めるしかないのでしょうか。
実は歯の治療には歯科医療費をサポートする「デンタルローン」というのがあるのです。

デンタルローンとは?

デンタルローンは、保険外治療における治療費全般を信販会社が患者に代わって歯科医院に立替払いするローン契約のことを言います。
患者は信販会社に対して治療費と手数料を加えた金額を分割で支払うようになっています。

デンタルローンの申込みは銀行や信販会社に申し込みをする場合と、治療を受ける歯科医院と提携しているローン会社がある場合はその場で申し込むことができます。

歯科でそのまま申込みを行うデンタルローンの流れとしては、

  1. 歯科医院の窓口で申込書に記入をし提出
  2. 信販会社にて審査
  3. 立替払い契約成立
  4. 治療が開始

と、このような流れとなります。
もしもデンタルローンを検討、申込みしたい方は、治療を受ける歯科医院で一度相談してみてもいいでしょう。

一方でデンタルローンの取り扱いをしていない歯科医院であれば、デンタルローンを取り扱っている銀行や信販会社で申込みが可能です。

デンタルローンの審査は厳しい?

デンタルローンは、その名の通り、歯に関する治療のためにローンを組みます。
すなわち、多目的ローンに比べて使う目的(使途)がはっきりと決まっているため、よほどのことがない限りは最短で審査結果が分かり契約できるようです。

だからと言って基本的には他の用途のローンと審査は同じ流れで行うようで、20才以上で且つ安定した収入があればまず審査に通るようです。
そして信用情報機関にブラックの情報が記載されているような方や、勤続年数が1年にも満たない場合の方、ローン会社によってはパートやアルバイトの方は審査が通らない場合もあります。

デンタルローンを利用するメリットは?

デンタルローンを利用する主なメリットは、主に次のような点が挙げられます。

  • 分割回数が最大84回(最長7年)のところもあり、無理なく返済することができる
  • 限度額が最大500万円借りられるため、ほとんどの歯科治療をカバーすることができる
  • 一般的な多目的ローンと比べて分割手数料(金利)が低い
  • 治療内容に合わせて借入額を自分で決めることができる
  • 治療を受ける歯科医院で申し込み手続きが簡単にできる

デンタルローンを利用する注意点

デンタルローンを利用する上でメリットばかりあるわけでもありません。注意しなければいけない点も幾つかあります。

  • 審査があるため、デンタルローンを申込みできない場合もある
  • デンタルローンを取り扱っていない歯科医院もある
  • 分割手数料がかかる

デンタルローンを利用!こんな方におすすめです!

歯の悩みは人それぞれ、そして悩む深さも千差万別です。
次のような悩みを深くお持ちの方には歯列矯正やホワイトニングなどの治療を視野に入れても良いかもしれません。

  • 子どもの時から八重歯がコンプレックスだった!
  • 前歯の色や形が気に入らない!
  • 子どもの頃から虫歯だらけで笑うと銀歯が見えるから大きな口を開けなかった!
  • 歯並びが悪くて笑顔になれない!
  • 生まれつき前歯が抜けてて笑った時に歯抜けに見える!
  • 出っ歯がコンプレックスで思いっきり笑えない!

このような悩みをお抱えの方にとって、治療費のほとんどが自己負担となる自由治療は、高額な費用が気になるところです。
そのため、思い切って治療に踏み出せなかった、という人もいるのではないでしょうか。

そんな時、デンタルローンは月々無理のない負担で治療費を払うことができるため、利用してみるのも一つの方法だと思います。

  • 最良の治療を無理なく続けたい
  • 自由診療だからこだわって治療を受けたい
  • 値段だけで医院や治療方法を選択したくない
  • 高額な歯科治療を無理なく支払いたい
  • 途中で治療を止めたくない、諦めたくない

デンタルローンを取り扱っているローン会社はどこがある?

デンタルローンは様々な銀行や信販会社で取り扱っています。
具体的にどんなところがあるかと言うと次のところが主に取り扱っているようです。

  • スルガ銀行
  • 千葉銀行
  • アプラス(新生銀行)
  • ジャックス
  • オリコ
  • ニコス

三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックやみずほ銀行などのメガバンクでも多目的ローンの1つとしてデンタルローンを取り扱っていますが、Web上で「デンタルローン」を検索窓に打ち込んだ時、検索順位として上位に上がっているのは「スルガ銀行」や「アプラス」などの地銀であったり、2番手あたりの業者が力を入れて手がけているように感じます。

また、歯科医院でどんなローン会社を利用しているか見ていると、メガバンクでのデンタルローンを取り扱っている歯科は見つけることが出来なく、主に新生銀行のアプラスローンやスルガ銀行、NICOS、ジャックスなどを利用されている医院が多いように感じられました。

そこで歯科医院や個人で申込みされる中で利用の多い上位6社のデンタルローンについて、具体的にどんな特徴があるのか書き出すと、次のようになりました。

■スルガ銀行デンタルローンの特徴


スルガ銀行デンタルローンはインプラント、歯列矯正、審美歯科治療などの歯科治療費全般に利用可能です。
そして専業主婦や契約社員、パート・アルバイトの方でも利用できます。

口座開設・借入れまで来店不要(WEBまたは電話)
返済回数は84回、最長7年まで利用可
年利7.0%~11.0%
最高限度額800万円
原則収入証明書必要なし
審査結果は原則翌営業日までに回答
繰上返済が可能
返済手数料無料

■千葉銀行デンタルローンの特徴


千葉銀行デンタルローンは、本人または家族のインプラントや歯科矯正、審美歯科治療などの歯科治療費用、他金融機関などの既存デンタルローンの借換資金、借り換えに伴う諸費用(支払利息・印紙税など)に利用可能です。
ただし、パートやアルバイト、年金収入のみの収入の方は利用できないようです。

借入れまで来店不要(WEBまたは電話)
借入れ可能かすぐわかる、10秒診断あり
土日祝日仮審査結果の連絡可能
年利5.0%~5.2%
約2週間で借入可能
最大借入金500万円
保証人、担保不要

■新生銀行デンタルローン<アプラスローン>の特徴


新生銀行グループが運営しているアプラスデンタルローンは、インプラントや強制歯科、審美歯科などの歯科治療費全般に利用可能です。

実質年利5.8%(固定)
返済回数は84回、最長7年まで利用可
最高限度額500万円
連帯保証人不要

■ジャックスデンタルローンの特徴


ジャックスでは「デントキュア」という歯科治療費専用のデンタルローンの取扱いがあり、自費治療となるインプラントや矯正治療を希望される方に対して利用可能なローンです。
ジャックスのデンタルローンはデントキュア提携医院で利用することが可能です。

実質年率5.9%
返済回数は84回、最長7年まで利用可
最高限度額500万円
一部繰り上げ返済可能
連帯保証人原則不要

■オリコデンタルローン<Webデンタルクレジット>の特徴


オリコのデンタルローンは自宅のオンラインから簡単に申込みできるようになっています。
インプラント治療、矯正治療、審美治療などの保険外治療費についてのローンを取り扱い、利用もスムーズに行えるようになっています。

Web申込みでスピード審査可能
返済回数は6回~60回(ボーナス併用可)
最高限度額500万円
連帯保証人不要(未成年者は親権者の連帯保証人が必要)

■ NICOS(ニコス)デンタルローンの特徴


NICOSデンタルローンは歯科医院に用意してある、ニコス目的ローン「デンタル計画」申込書に記入の上、歯科医院を通じて申込みます。
そのため、ニコスデンタルローンを利用できる歯科医院はかなり多いのですが、他のローン会社と比べると金利が年利8.5%と若干高めです。

実質年率8.5%
返済回数は6回~60回(ボーナス併用可)
最高限度額200万円

デンタルローンの対象となる治療と治療費

自費治療となる治療が実際にどれくらいかかるのかを調べてみました。
これから治療を考えている方は参考までにどうぞ。

インプラント費用は平均1本あたり32万5000円

インプラント費用は、歯医者のよってかなりの差がありますが、日本インプラントセンターの発表によると、全国平均で1本あたり32万5000円との結果が出ていました。

患者によって治療の内容も変わるため一概に1本あたりの値段を比較することは難しいですが、歯科医院を選ぶための一つの指標として参考にしてみるのもいいかもしれません。

インプラント1本あたりの費用


インプラントは虫歯や歯周病、事故によって失ってしまった歯の部分の顎の骨に、人工歯根(ねっこ)を埋め込んでその上に人工の歯を取り付ける治療のことをいいます。

インプラント治療は、歯茎を切って顎の骨を削り、チタン製の人工歯根を埋め込む外科手術を伴うため、すべての歯科医師が行える治療法ではありません。
口腔外科の知識や技術、インプラントの知識を十分に持った専門の歯科医師にお願いした方がいいでしょう。

インプラントは虫歯や歯周病、事故によって失ってしまった歯の部分の顎の骨に、人工歯根(ねっこ)を埋め込んでその上に人工の歯を取り付ける治療のことをいいます。

インプラント治療は、歯茎を切って顎の骨を削り、チタン製の人工歯根を埋め込む外科手術を伴うため、すべての歯科医師が行える治療法ではありません。

口腔外科の知識や技術、インプラントの知識を十分に持った専門の歯科医師にお願いした方がいいでしょう。

オールセラミックの被せ物だと10万円から必要

被せ物で金属を全く使用しない、自然な感じで再現できるオールセラミッククラウンの治療費は、色んな歯医者さんのサイトを見て見ると、1本10万円~15万円が相場となっています。

オールセラミックは陶器製のため、衝撃に弱く割れやすいという性質があります。


金属を使わずセラミックだけで歯に被せ物をするオールセラミッククラウンは、透明感のある自然な色合いと質感を再現することができ、長年使用しても変色しないなどの特徴があります。

特に最も人の印象を左右する前歯にはオールセラミッククラウンを使用することで、知的さや明るい印象を与えてくれます。

また、オールセラミッククラウンは金属を使わずに治療するため、金属アレルギーを起こす心配もありません。
そして強度も強いため、奥歯にもよく使用されたり、保険治療の被せ物と比べると精密さが違うため虫歯にもなりにくいなどのメリットがあります。

3つの施術方法があるホワイトニングは10万円もするのもある

オフィスホワイトニングの場合の費用は1回につき3万円~5万円が相場となっており、ホームホワイトニングの場合の費用は2万円~4万円程度、薬剤購入費用は5,000円~1万円(1~2週間分)がだいたいの目安となっています。

そしてデュアルホワイトニングの料金相場は、5万円~10万円が相場となっています。


ホワイトニングは、歯科医院で施術をしてもらう「オフィスホワイトニング」と、歯科医院で処方してもらったマウスピースと薬剤を使って自宅で好きな時間に行う「ホームホワイトニング」、「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の両方を併用する「デュアルホワイトニング」があります。

この中で最も高額となる治療法は「オフィス」と「ホーム」を組み合わせた「デュアルホワイトニング」です。
「デュアルホワイトニング」は両方の長所・短所を掛け合わす・補い合わせる治療法であるため、早く効果を出すことができ、しかも白さが長持ちします。

大人の歯列矯正費用の相場は80万円~120万円

大人の矯正は、子どもの小児矯正よりも歯が動きにくいため、治療期間が1年半~2年半と長期化する傾向が高いそうです。

そのため費用も装置や調整費を含んだトータル料金で、おおよそ総額80万円〜多いと120万円の場合もあると言われています。

ただし上記の費用は、大人の矯正でもっともポピュラーな矯正(歯の表側にブラケットとワイヤーを装着)であり、もっと特殊な矯正(歯の裏側に装置をつける裏側矯正やハーフリンガル矯正)ともなると装置の装着時間もかかることから、表側矯正の約1.2~1.5倍程度の金額になるようです。


歯の矯正治療は保険が適用されない「自由診療」のため、インプラントと同様高額となる治療法です。

そして歯列矯正は他の治療と違って治療期間も数年と長くかかります。
特に小児矯正の場合は、顎の成長や歯並びによって治療法が分かれます。

一期治療である永久歯が生えそろっていない6歳~小学校低学年時期の矯正。
そして二期治療である永久歯が生えそろった小学校高学年以降での矯正。

しかし大人になってから矯正するよりも抜歯をしないで治療できたり、治療期間が短く済んだり、治療費の負担も軽くなるなどのメリットがあります。


ハーフリンガル矯正とは、上顎をリンガル矯正、下顎を普通の矯正で治療する方法で通常のリンガル矯正(歯の裏側につける外から目立たない矯正装置)よりもリーズナブルで、最近話題の矯正歯科治療です。