消費者金融でお金を借りる場合、口座がなくても融資を受けることはできますが、口座がないと利用できない銀行カードローンはまだまだ以外にもあるものです。

口座不要でお金を借りられるメリットは、何と言っても契約から融資までの手続きが早いことがあげられます。
口座を開設すると通常1週間ほどかかると考えれば、今すぐにでもお金を借りたい人にとってはありがたいサービスですよね!

また、銀行カードローンを申込むとキャッシュカードとローン専用のカード、2枚発行されます。
常に2枚も持ち歩くことは、紛失やもしかしたら内緒にしておきたいと思っていてもバレる可能性だってあります。

そんな時、もしも口座なしで融資を受けられる銀行カードローンがあればそちらを優先に利用したいと思いますよね?

そんなあなたの悩みを解決するため、当ページでは口座不要のおすすめカードローンをご紹介したいと思います。

口座なしで借りれる銀行はどこがある?

銀行カードローンの中で口座なしで借りられるところは主に次の銀行があります。

三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
新生銀行レイク

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、ネットから申込みすると、入力した住所宛てに後日カードが郵送されますが、即日でお金を借りたい場合は、銀行ATMに設置されているテレビ窓口でカードを発行してもらうこともできます。
その時は本人確認用の運転免許証などを持参すればその場でカードが発行されます。

テレビ窓口は、オペレーターの方と画面越しに会話をしながら、カード発行を行うことができるサービスで、申し込んだその場で審査し、最短40分でカード発行してもらえますので、口座なしでも安心して申込むことができます。

三井住友銀行カードローンの場合も、口座開設不要でもローンカードを発行してもらえます。そのため、借り入れや返済は何の問題もなく利用出来ます。

こちらもカードは自宅まで郵送してもらうこともできますが、ローン契約機で発行することもできます。即日で発行、お金を借りることもできるため三井住友銀行カードローンも大変便利です。

新生銀行カードローン レイクも同じく口座なし、来店の必要もなく申込み、即日での融資が可能です。
そしてレイクの嬉しいところは、その日のうちに指定した金融機関口座へ手数料無料で振り込みをしてもらえます。

三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行では提携ATMが決まっていますが、レイクに限ってはどこの口座でも対応してもらえるところが一番嬉しいところです。

口座なしで借入OK!人気NO1のカードローンは?

金利面から考えれば確かに下の表からも分かるとおり、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行の方がメリットが多いように感じます。


銀行名 年 利 最高限度額
三菱東京UFJ銀行 1.8%~14.6% 最大500万円
三井住友銀行 4.0%~14.5% 最大800万円
新生銀行レイク 4.5%~18.0% 最大500万円

しかし手数料を比較してみるとどうでしょうか。

三菱東京UFJ銀行カードローンはゆうちょ銀行での返済はNG

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の返済方法には、

  • 自動支払いによる返済
  • ATMによる返済
  • 指定口座への振り込み

以上の3つから選ぶことができます。

自動支払いによる返済
自動支払いによる返済は、三菱東京UFJ銀行の本人名義の普通預金口座から毎月指定日に自動支払いにより返済する方法です。
こちらは別途手続きが必要ですが、手数料は無料、返済日は自分で決められます。

ATMによる返済
ATMによる返済は、バンクイックカードを使って三菱東京UFJ銀行ATMはもちろん、提携コンビニATMでも返済できます。
ATM利用手数料・時間外利用手数料は無料です。

しかしここで一つ残念なのは、バンクイックのローンカードは返済時、ゆうちょ銀行は利用出来ない点です。
下の表は三菱東京UFJ銀行HPより、ゆうちょ銀行のATM・CDの取扱いについて記載してありますが、このとおり、バンクイックは利用不可なのです。

UFJバンクイック 返済

しかし提携コンビニATMでは無料なので、それほど不便ということはないと思われます。


  三菱東京UFJ銀行ATM コンビニATM
利用可能ATM 三菱東京UFJ銀行 ・セブン銀行
・ローソン
・E-net(イーネット)
利用可能時間帯 0:10~23:50
※毎週月曜日の1:00~5:00、毎月第2土曜日の21:00~翌朝7:00を除く。
ATM利用手数料

0円

指定口座への振込みによる返済

指定口座への振込みは、方法の一つとして三菱東京UFJダイレクト(インターネットバンキング)を使って振り込み返済することが可能であり、この場合のATM利用手数料や夜間での振込みの場合の時間外手数料もかかりません。

しかし指定の口座へATMから振込む場合は、利用時間や利用機関によって所定の手数料(108円~216円)が必要となるため注意が必要です。

三井住友銀行カードローンはゆうちょ銀行での返済は無料

三井住友銀行カードローンの返済方法には、

  • ATMによる返済
  • 振込による返済

以上の2つから選ぶことができます。

ATMによる返済
ATMによる返済は、三井住友銀行ATMはもちろん、コンビニATMでも返済できます。
コンビニATMはイーネットATM(ファミリーマート等に設置)・ローソンATM(ローソン等に設置)・セブン銀行ATM(セブンイレブン等に設置)を利用することができ、もちろん手数料も無料です。

ここで嬉しいのは、全国のゆうちょ銀行ATMでも利用可能で、しかも無料というのも魅力的です。

振込による返済
口座を持ってない場合の返済方法として振込がありますが、この場合は振込手数料がかかってしまいます。
銀行や返済金額によって違いはありますが、1回あたり数百円の手数料となります。

例え1回分の手数料が他行あてで432円(税込)だったとしたら、年間で5,184円も手数料だけで必要になってしまいます。
できるなら返済は手数料のかからないATMからの返済をおすすめします。

新生銀行カードローンレイクは殆どのところで手数料無料

新生銀行カードローンレイクの返済方法には、

  • WEBによる返済
  • ATMによる返済
  • 自動引き落としによる返済
  • 銀行振込による返済

以上の4つから選ぶことができます。

WEB返済
ネットバンキングを利用すれば、インターネットバンキング口座を指定することで手数料無料で返済できます。
利用可能な金融機関はレイクの対応する金融機関ですが、殆どのところで対応可能となっているため、大変便利であり、しかもパソコンはもちろん、スマートフォン・アプリまたは携帯電話からも返済できます。

ただしWEB返済する場合は、利用可能な金融機関にて、インターネットバンキングの口座を開設している必要があります。

ATMによる返済
新生銀行カードローン レイクのATMでの返済は手数料が無料です。
新生銀行カードローン レイクATMからでも、セブン銀行やイオン銀行なども提携銀行ATMでも、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスをはじめとする提携コンビニATMでも、一切手数料はかかりません。

カードを受け取ったのが夜だとしても夜中まで利用可能、しかも土日祝日でも利用できるためとても便利です。
尚、「新生銀行「新生銀行レイク」のマークがあれば全国のコンビニで利用可能です。
新生銀行レイク ATM返済対応

自動引き落としによる返済
自動引き落としは利用者の登録口座から手数料無料で返済できます。わざわざATMへ行かずに自動で口座から引落しされるので便利です。

ただし引落し予定日の前日までに、指定の口座に入金をしておく必要があります。自動引き落としを申込む時はパソコン・スマートフォンと郵送での申込み方法があります。

銀行振込による返済
最後に銀行振込による返済ですがこの方法だけは、振込み手数料が掛かってしまうため注意が必要です。

近くに返済可能なレイクの提携ATMやレイクの店舗がない場合、金融機関のATMからレイクの口座へ返済できますができれば手数料のかからない上記3つのどれかの方法で返済するのをおすすめします。

一番取引の古い銀行カードローンを優先的に選ぶこと

「三菱東京UFJ銀行バンクイック」「三井住友銀行カードローン」「新生銀行レイク」、この3つの銀行の実際の違いは「金利」「融資可能額」「返済時の手数料」であり、その他はどこもほとんど変わりません。
審査もどこが特段緩いということもなく、むしろ銀行なので甘いということはありません。

しかし、もしも口座なしでもお金を借りたいと思った時、一つでも古くから取引のある銀行があればその銀行から借入することをおすすめします。

もちろん審査というのは公平に行われますが、長い間取引をしているのであれば有利に融資を受けられるのは間違いありません。
銀行は信用・信頼関係を大切にします。そのため長い付き合いのある方が当然有利になるのは間違いないでしょう。

~まとめ~
3つの銀行はどこも審査時間は最短30分であり、1,000円単位での借入もできます。
ただ敢えて言うならば、無利息サービスを行っている銀行カードローンは「新生銀行レイク」だけであり、他は無利息サービスは行っていません。

もしも、口座を作らなくて、すぐに返すあてがあるのなら「新生銀行レイク」はおすすめと言えます。
少しでも金利を抑えたいのならば、「三菱東京UFJ銀行バンクイック」や「三井住友銀行カードローン」がおすすめです。
ゆうちょ銀行で返済したいと考えているのなら、「三井住友銀行カードローン」や「新生銀行レイク」なら無料で返済できます。

このように、あなたの優先度によって選ぶのがベストだと言えますね!