旦那や奥さんに内緒でお金を借りたい・・・
基本的にはあんまりそんなことはしない方がいいでしょうが、時としてそういうことが必要な場合もあるでしょう。
そんな時、安心してお金を家族にバレることなく借りられる方法を幾つかご紹介したいと思います。

先ず第一にお金を内緒で借るためには、家族みんながすんなりと目に入ることができるものは全て排除しなければいけません。

具体的に言うならば

・自宅に届く郵送物
・リビングなどに共有して置いてあるパソコン
・自宅の電話

これらを利用することは一切しないほうが賢明です。

自宅に届く郵送物で先ず一番に家族にバレる!

奥さんやダンナさんに一番にバレるのはまず郵送物のケースがほとんどです。
普通申込みを行った後、郵送でカードが送られてきたり、利用明細などが自宅に郵送されるところがあります。

そのため、郵送物を一切送らないカードローン会社を選んだり、自動契約機へ行って直接カードをその場で発行してもらえるような消費者金融を選ぶことが何よりもバレる心配の少ない方法となります。

消費者金融によってはWebで申込みした際に、書面の受取方法について選択する場面がでてきます。
その際には、「自宅へ郵送」や「勤め先へ郵送」は間違っても選択することなく「パソコンまたは携帯電話から書面を確認」などのWebでの受取を選べば間違っても自宅に送られる心配はないでしょう。

家族共有PCはCookieや履歴、検索窓キーワードでバレる

一台のパソコンを家族と共有しながら使っているところは多いと思います。

1人ずつのユーザーアカウントをきちんと設定し、お互いのパスワードが何なのか知らない状態でそれぞれ管理してあるのであれば問題ないのですが、もしも1つだけのアカウントを使って共有しているのならそれはかなり家族にバレる可能性は大です!

一般的には、旦那さんの方がPCに強く奥さんが昼間家族がいないからと、共有パソコンで内緒で融資の申し込みをして旦那さんにいとも簡単にバレてしまうことは多いものです。

第一にどこにアクセスしたのかはWebのCookieや履歴で全て分かってしまうため、キャッシング関係で閲覧したサイトや実際に融資を申し込んだサイトはブラウザを閉じる前に全てを削除する必要があります。

更に、あなたがもしある目的のサイトに行きたいときは必ず検索窓から該当キーワードを入れますよね?
実はこのような入力したキーワードも全てブラウザーに残ってしまいます。

そのためそれほどPCに詳しくない人は家族の共有PCでは見られたくないサイトの閲覧は控えるようにしましょう。
そして融資の申込みは自分だけ使う携帯やスマホから行うようにした方がいいでしょう。

固定電話書かないと審査不利?書いたらバレるのでは・・・

融資の申込みの時に自宅の固定電話を書く欄があります。
これはやはり固定電話があることで信頼度が高くなり、もちろん審査をする消費者金融はこの先きちんと支払ってくれるかどうかの安定性を求めるために重要視している点でもあります。

だからと言って、必ずしも書かなければ審査に不都合になるかと言えば今の時代はそこまで心配することはありません。
社会的信用が固定電話が無いよりかはある方が数段UPする、くらいに考えておけばいいでしょう。

そのため、消費者金融によっては指定の連絡先を

1.メール
2.携帯電話
3.自宅電話
4.勤務先電話

などから自分にとって負担のないところから選ぶことができるため、1.のメールや2.の携帯電話を選べば、自宅に電話がかかってくる心配は一切ないため、家族にバレる心配もないでしょう。

家族や社内に内緒で借入!銀行か消費者金融どっちがバレない?

内緒でお金を借りるには、果たして銀行カードローンか消費者金融、どっちで借りた方がよりバレるリスクなく借りられるのかと言うと、それはやはり消費者金融でお金を借りた方がバレる可能性は低くなります。

その理由は第一に、審査のための在籍確認や本人確認の連絡方法にあります。
確かに消費者金融でも職場への在籍確認や本人確認のために携帯に電話がかかってくることはありますが、必要書類だけ送ればそれで在籍確認が終わる消費者金融もあるからです。

在籍確認の電話は、特に会社に知られたくないと思っている方にとってはどうしても気になる問題です。

普段会社によく電話がかかってくる人であれば特に気になることもないでしょうが、今は携帯やスマホの普及もあってかほとんど個人用で会社に電話をする機会は減りました。このような中で、明らかに、それも個人名で電話があるのを違和感として感じるのは当然のこと、しかも普段よく電話対応している方であれば怪しいなと感づかれることもあります。

そのため出来ることなら、在籍確認の電話がなく書類のみの提出で審査を通すのがベストだと考えると消費者金融が一番おすすめであると言えます。
銀行のカードローンの場合は一部の銀行では在籍確認なしで借入できるケースがありますが、そのほとんどが電話での在籍確認となります。