今すぐお金を借りたい方専用!【早い!即日OKの最速金融】
*

出産費用をキャッシングで賄う方法!【お得に借入したい方】

スタッフ出産費用は高額で、退院時にすぐでも支払わなければならないため、用意するのも大変ですよね?

そんな時のために、大手消費者金融のプロミスでは一時的にでもお金を借りて、1ヶ月以内に返済すれば利息なしで借りられます。上手に利用して、お得にお金を借りるのが正しいキャッシング方法です。
 

プロミス
出産費用をプロミスで一時的に借入する

 
 

出産費用は、病気にかかる場合と違って健康保険が使えません。従って、出産にかかる費用は全て自費になります。

しかし健康保険に加入していれば、国から誰でも受け取れる「出産育児一時金」で賄うことができます。「出産育児一時金」は一定額として子ども1人につき42万円支払われます。もしも双子の場合は、子どもの人数分の84万円支払われます。例え専業主婦でも、旦那さんの健康保険の扶養者であれば利用できます。

出産費用は支給までに2ヶ月もかかる!

ただしお金が支払われるにあたって、最も問題になるのは給付されるタイミングです。出産前に給付されるのであれば特に問題ありませんが、給付金は出産後の1、2ヶ月後に受け取ることになるため、どうしてもタイムラグが発生してしまうのです。

では、出産前に何とか受け取る、もしくは立替払いをしなくてもすむ方法はないのでしょうか。

出産育児一時金には2通りの支払い方法がある

実は「出産育児一時金」には次の2通りの手続きの方法があります。

・「直接支払制度」や「受取代理制度」を利用
・「産後申請方式」を利用
「直接支払制度」や「受取代理制度」は足りない場合は自己負担、余ればお金が戻ってくる

「直接支払制度」とは、産院が任意参加する形式で産院側が手続きをしてくれます。ただし、全ての産院がこの方式を取り入れているわけではありません。導入していない産院もあります。

そして「受取代理制度」とは、出産する予定の産院を代理人と定め、本来受け取るべき出産育児一時金を本人に代わって受け取る制度のことをいいます。受取代理制度は、出産予定日の前の2ヶ月以内に申請書を健保組合へ提出します。

この2つの制度はどちらも退院するときに会計から「出産育児一時金」の42万を自動的に差し引いてくれます。そして、42万円を超えた場合は超過分を産院の窓口で直接支払います。もしも42万円を超えなかった場合については、約1ヶ月~2ヶ月半後に差額分が指定口座に振り込まれます。

「産後申請方式」を利用

「産後申請方式」とは、いったん出産費用を支払ったあと、自分が指定した振込先口座に出産育児一時金を振り込んでもらうことをいいます。産院で「直接支払制度」や「受取代理制度」を導入していれば、産院が用意してくれた書類に記入するだけで申請できますが、もしも導入していない産院であればこの「産後申請方式」で申請します。

産後申請を利用した場合、どうしても先に出産費用を立て替える必要があります。給付金が振り込まれるのは、健康保険や市区町村によってまちまちですが、申請してからおおよそ、2週間~2ヶ月ほどかかります。

出産費用を捻出する方法とは?

「直接支払制度」や「受取代理制度」は42万円までは何も考えなくてもいいですが、もしもそれ以上の出産費用がかかることも想定内に入れておくためには、ある程度お金は準備しておかなければなりません。

また、「産後申請方式」は予め「42万円+α」を考えるとなると、最低でも50万円くらいのお金を準備しておかなければ心配です。しかし出産費用は退院時にもすぐに支払わなければならない費用のため、参院側は待ったはかけてはくれません。

そんな急場をしのぐために、ある方法があります。それも即日融資でき、利息も払わなくてもよい方法が!

30日無利息サービスを実施している消費者金融を利用するのをおすすめ

それは、消費者金融でお金を借りるのです。消費者金融と聞くと、怪しい、取り立てが恐ろしく怖いイメージを持っているかもしれません。

しかし今の消費者金融はそのような取り立てもなく、バックに銀行がついているため、安心して借入することが可能です。中でも大手消費者金融のプロミスは、無人契約機台数、業界No.1、しかも最短1時間融資も可能です。そしてプロミスの無利息サービスを利用すれば、借入日の翌日から30日間利息なしでお金を借りることができます。
 

出産費用をキャッシングで賄う方法のまとめ

出産費用を借りた女性出産費用は、産院によっては退院時に給付金を差し引きすることでその差額だけ負担すればいいところもあります。しかし、ほとんどの産院では先に用意しなければいけない場合が多く、その金額も50万円と高額になります。

もしも用意が間に合わない、または差額分の費用がすぐに支払えないのであれば、カードローンを利用するのも一つの方法です。

プロミスは、借入日の翌日から30日間利息が0円となるサービスを行っているため、一時的にお金を借りるには最適なキャッシング会社です。

プロミスの公式サイトはこちら


出産費用をキャッシングで賄う方法!【お得に借入したい方】関連ページ

土日にキャッシングするならココ!【即日融資ガイド】
突然お金が必要になるときがあります。でも、それが、平日のお昼であれば大手のカードローン会社や金融会社の即日キャ […]
キャッシングで他社借入が多いと審査に落ちる?【お悩み解決】
借り入れが2、3件以内なら大丈夫です。また、大手の金融会社もしくは、準大手のでも、借り入れは可能です。更にお金 […]
学生でも即日キャッシング可能な安心金融!【徹底解説】
学生でもお金がなくて困るときだってありますよね? サークルや部活での部費や合宿費、飲み会、大学3年ともなれば就 […]
主婦が即日でお金を借りる条件!
主婦の方々に悩みを聞くとやはり、生活費のやり繰りの悩みと言う方が多くいます。そんな主婦の方々に即日、簡単にキャ […]
キャッシングで1万円だけ借りたい方へ【最速で借りれる業者】
1万円だけ借りるのに、キャッシング会社を利用するのは気が引ける・・・と、あなたは思ってはいませんか? 実はたっ […]
キャッシングの家族にバレない借り方!【※要注意】
ローンやキャッシングをして家族にバレる一番の原因は、金融会社からの郵送物と言われています。当ページでは、そんな […]
働く女性がお金を借りる
このページでは、正社員として働いている女性はもちろん、契約社員、派遣社員、パートやアルバイトで働いている女性や […]
歯の治療でお金を借りる
急なあのチクチクした痛み・・・ズキズキとした鈍い痛み。。 特に痛みがなければ決して自分から足が向くこともない歯 […]
結婚資金でお金を借りる
結婚すると決めたものの、実際の新居生活を送るまでには婚約から結婚式、新婚旅行、そして新居への準備や引越しまでは […]
住宅購入でお金を借りる
住宅ローンの種類 住宅ローンは他のローンとは違って、これから何十年もの間返済していくものです。そのため、ちょっ […]