基本的に何かしら安定的な収入を得ている人であれば、パートやアルバイト、正社員の区別なくカードローンやキャッシングでの借入はできるようになっています。

ただ、収入を全く得ない専業主婦の場合になるといきなり審査が厳しくなり借入が難しいケースも多々あります。
確かに専業主婦だってお金を借りたい時もありますよね?現にこのサイトのページにたどり着いたあなたは「ちょっとだけお金を借りたいな」と思ってやってきたはず。

今では昔の怖い借りづらいイメージとは違って、気軽にお金を調達できる手段として、カードローンやキャッシングは一般的になりつつあります。
女性にとって気軽に気楽に申し込みができる女性向けの、レディースキャッシングもありますので一度相談してみるのもいいでしょう。女性スタッフの方が対応してくれます。

今回は専業主婦でも安心してお金を借りられるおすすめのカードローン会社をいくつかあなたにご紹介したいと思います。

総量規制が制定され一気に専業主婦への借入れは厳しくなった

専業主婦でもお金が借りられるかどうか、ネットで色々と検索していると、その中で必ずやと言っても出てくる言葉が「総量規制」というワードだと思います。
あなたが無事にお金を借りれるためにも、先ずはこの言葉の意味から知っておくと遠回りせず、スムーズに融資を受けれる方法を知ることができます。

「総量規制」というのは債務者への過剰貸付を防ぐために、2010年6月に債務者が年収の3分の1を超える借入ができないように定められた規制です。

例えば年収300万円の方は総量規制により、100万円以上の借入ができないようになったのです。
そのため収入が少ない人に対しては少額の借り入れしか認められず、本人に収入を持たない専業主婦への借り入れが一気に厳しくなってしまったのです。

総量規制対象外で専業主婦はお金を借りれらる?

では、専業主婦は全くどこからもお金を借りられないんじゃ・・・。諦めるしかないのかなぁ・・・と思いがちですが、先ほどの「総量規制」。
この総量規制は次の金融機関が対象となります。

消費者金融

信販会社

クレジット会社

この総量規制は上の貸金業者に適用されます。

消費者金融は最大手のアコムやプロミス、モビットなどが該当し、専業主婦の利用は出来ません。
このような消費者金融の利用条件にはどこも「安定した収入と返済能力を有する方」としているため、残念ながら利用が認められないのです。
消費者金融は審査も銀行カードローンよりも甘く、即日でお金を借りられる大きなメリットがありますがどうしてもこの「総量規制」がネックとなってしまうのです。

また信販会社やクレジット会社も「資金需要者等の利益の保護を目的に、貸金業者(クレジットカード会社、信販会社、消費者金融会社など)が年収の3分の1を超える貸付けをすることを原則禁止されています。」と総量規制のポイントの第一に掲げており利用が認めらません。

また新規で50万円以上の借入の申込みを希望する場合や、他社を含め借入残高の合計額が100万円を超える場合の借入申込みに関しては、所得証明書の提出が義務づけられるようになりました。

ちなみに、この総量規制は次のような

住宅ローン

自動車ローン

高額療養費の借入れ

銀行カードローン

などは総量規制対象外です。
それと、個人事業主が事業を継続するために融資を受けることは総量規制の対象になりません。
収入が高くて返済能力が高い人であれば、融資を受けられる可能性は十分にあります。

話がそれましたが、先ほどの総量規制対象外の中から専業主婦が唯一お金を借りる方法が1つだけあります。
それは「銀行カードローンでお金を借りる」という方法です。

銀行カードローンなら専業主婦もお金を借りられる

銀行カードローンは総量規制対象外です。そのため、自分に収入がなくても配偶者に収入があれば借りることができるのです。

ただし、何となくあなたもイメージとして思っていませんか?
消費者金融と銀行とでは借入の審査が厳しいのでは?だからやっぱり専業主婦の私では借入は難しいんじゃ・・・と。

確かに消費者金融で審査に通らない人は、まずは銀行カードローンでの審査に通すことはムリです。
これは専業主婦だけに限ったことではなく、一般的な話です。

しかし、銀行の場合は、貸金業者がお金の貸し付けを行っているのではなく、』貸し出すのはあくまで「銀行」です。
そのため、貸金業法で定めている総量規制の対象にはならないためある一定の条件が揃っており返済能力さえ認められれば専業主婦でもお金を借りることは可能となるのです。

専業主婦が借りられる銀行カードローン一覧

本人に収入がない専業主婦でも申込み可能な銀行カードローンをまとめてみました。


銀行カードローン名 金利 借入限度額 30万借入時の返済額 融資
みずほ銀行みずほMyWing
(性向けのキャッシングローン)

12.0%~14.0%

30万まで

10,000円

みずほ銀行の口座を持っていれば最短即日での利用も可能。持っていない場合、口座開設までに1週間ほどかかります。
みずほ銀行カードローン
(コンフォートプラン)

4.0%~14.0%

30万まで

10,000円

三菱東京UFJ銀行バンクイック

4.6%~14.6%

30万まで

6,000円

「テレビ窓口」で契約した場合即日融資も可能
新生銀行カードローン レイク

4.5%~18.0%

具体的な金額なし

7,000円

平日14時までに手続き完了で即日融資可可能。
楽天銀行カードローン

4.9%~14.5%

50万まで

5,000円

早期申込み時、即日融資も可能。
自分銀行カードローン

3.9%~17.5%

30万まで

9,000円

口座を持っていれば最短当日融資可能。持っていなければカード到着まで1週間
東京スター銀行カードローン

4.5%~14.6%

90万まで

5,000円

カード郵送まで1週間程度
イオン銀行カードローン

3.8%~13.8%

50万まで

5,000円

当日14時までの申込みで原則即日回答
ソニー銀行カードローン

2.5%~13.8%

50万まで

6,000円

口座を持っているなら、最短即日融資も可能。持ってなくても初回融資時は指定口座振込
三井住友銀行カードローン

4.0%~14.5%

利用不可

オリックス銀行カードローン

3.0%~17.8%

利用不可

三井住友銀行カードローンとオリックス銀行カードローンは残念ながら専業主婦の借入はできません。

オリックス銀行カードローンは専業主婦でのネット申込み不可

オリックス銀行カードローンの場合、先ずインターネットで申込みを行おうとすると、申込み画面の項目欄、「主婦」を選択するとエラーになります。
「職業:主婦は選べません」と表示されてしまうのです。

つまり、専業主婦が仮に借りられるとしても、ネットでの申込みはできないのです。
他の銀行カードローンのネットでの申込みの場合は入力欄に職業を主婦と選択すれば年収という項目が出てきて「0円」と入力できます。

そのため専業主婦でも申込み手続きができます。
オリックス銀行カードローンは一応主婦という選択項目があるのにも関わらず、主婦は選べませんと表示されるところから明らかに専業主婦の申込みは歓迎されていないのです。

三井住友銀行カードローンは旦那に内緒で借入するのは難しい

みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行カードローンのように契約者に収入がなくても借入OKとしている金融機関と違って三井住友銀行カードローンの場合は、配偶者の同意を得た上でお金を貸す、つまり以下のような書類を提出しないと専業主婦はお金を借りることが出来ません。

・配偶者の同意書
・住民票もしくは戸籍抄本
・配偶者の収入証明

そのため、旦那さんに内緒でこっそりお金を借りることはできない ということになります。
もしも内緒で借入したい場合、何もリスクのある上記に2つの銀行カードローンで申込みする必要はありません。

専業主婦の方に最も人気があり、おすすめな銀行カードローンをピックアップして無理なくお金が借りられる方法を次に紹介したいと思います。

専業主婦におすすめはイオン銀行カードローンBIG

専業主婦が借りられるおすすめのカードローンはイオン銀行カードローンBIGです。

イオン銀行カードローンBIGは他の三菱東京UFJ銀行の14.6%や、みずほ銀行の14.0%と比べても、最高金利が13.8%と他のどこよりも圧倒的に低金利で、また専業主婦でも最大で50万円まで借りられるのが大きな魅力となっています。

イオン銀行カードローンBIGは以前までは審査時間が遅く、カード発行まで1ヶ月もかかってしまい、実際の借入まで相当日数がかかっていたのが大きなデメリットでしたが、今では当日14時までの申込みであれば原則即日回答、もしもイオン銀行の口座を持っていれば約4~5日でカードが自宅に届きます。そのため他の銀行カードローンと比べても融資までのスピードは劣らずむしろメリットがいっぱいあるカードローンです。

そして更にイオン銀行の返済額は他の銀行カードローンと比べても低くなっているので支払いの負担も少なくて済みます。
例えば専業主婦の限度額50万円みても月々1万円、30万円なら5千円とこれなら負担なく返済できそうですね。

またイオンは専業主婦にとってスーパーなど利用する方も多いのではないでしょうか。
親しみやすい点からいっても、イオン銀行カードローンBIGは専業主婦にとって非常に便利なカードとなりそうです。