「今日中にお金を借りたい!」「急な飲み会でどうしてもすぐにお金が必要!」というあなたには、「銀行系カードローン」よりも断然「消費者金融のカードローン」がおすすめです。

なぜならば消費者金融のカードローンは、銀行系カードローンに比べると、断然次のような大きな特徴があるからです。

・審査までのスピードが圧倒的に早いから即日融資が可能!
・銀行にはない「無利息サービス」が実施されているので一定期間金利ゼロになる可能性大!
・自動契約機が利用できるから今日中に借入可能、もちろん土日祝もOK!

いきなり唐突ですが、あなたは第3者からお金を借りたことはありますか?

4人に1人が利用!こんなにも多いカードローン利用者!!

実は政府や業界団体の統計結果では、何と就労者の4人に1人、カードローンを利用したことがある、またはしていることが分かりました。

総務省統計局のデータによると、就業者数は6,500万人にも及ぶ中、1,600万人強ほどの方がカードローンを利用していることになります。

もちろんこの4人に1人の中には専業主婦なども含まれるとは思いますが、それにしてもいかに多くの方がカードローンというのを身近に使っているかが分かるような数値です。

ジャパンネット銀行がアンケート調査を実施した結果によると、経済的に不安を抱える方が多くなる一方で、カードローン利用者は増加傾向にあるとのことです。

現在このような悩みを抱え、でもどうしようもなくてカードローンを利用している方も多いのではないでしょうか。

またアンケート結果では、カードローンを利用したことのある方のうち28.0%の方が定期的に利用していると回答しています。
そしてそれを次に年収別で見てみると、1,000万円以上の高収入の世帯でも日常的にカードローンが普及してきていることが見て取れるような結果となっています。

img/index_03.jpg” alt=”カードローン平均借入額” />
こちらについても全体的にみると9割以上の方が100万円未満で借りており、その中でも6割以上の方の平均借入額が10万円未満であることがわかりました。

娯楽や交際費、普段の生活費を中心として使われているカードローンだからこその結果となりましたね。
そしてそれは高年収世帯でも約6割近くの世帯が10万円未満での借入が特に多いようです。

実に多くの方が日常の生活を送る上で利用しているカードローンですが、カードローンを利用するメリットとはいったい何なのでしょうか。

一度契約をすれば何度でも借入できるのは大きなメリット

これもまたアンケ―ト結果によると、「必要な額を何度でも借り入れできる」「対応スピードが速い」「申込手続が簡単」「何度も利用しているので」「無利息期間があるから」など、手軽に利用できる利便性が評価されているようです。

確かにカードローンは限度額内なら何度でも借りられるからとっても便利よね!

そうね!急にお金が必要になった時にはありがたいシステムよね!

一度に大きなお金を借りるより、必要なときに必要なだけ利用できるのは魅了的!

それに、無利息サービスも嬉しいシステムよね!

上手に活用すれば、高い利息だって払わずに借りられるわね!

利便性と手軽さから今後、益々カードローンの需要が高まっていくでしょうね。

カードローン会社からお金を借りる方法

そしてここからが本題です!
実際に、お金を借してほしい!または一刻も早く手元に現金が必要なら、即日融資してもらえる方法や、土日祝日にもお金が借りられる方法があります。

しかし、カード会社によっては
審査が厳しい
審査結果までの期間が長い
審査はすぐに通ったものの数ヶ月でカード使用を止められる

など特徴もそれぞれのため、先ずはカードローン会社のそれぞれの特性を把握しておくことが一番大切です。

本来ならお金はむやみに借りない方がいいに決まっています。
しかし、人生生きていれば良いことも悪いことも必ずあるものです。

不慮の事故や病気での手術代、冠婚葬祭、突然のリストラ、倒産、失業、詐欺に遭ったなど、思ってもみないところに突然の出来事が起こり、また突然の出費が重なったりするものです。

貯金を切り崩したり、積立金を解約したり、生命保険を見直したり、色んな方法で何とか現金を手元にかき集められたとしてもどうしてもそれだけでは足りないことだってあります。

そんな時は上手くカードローンやキャッシングを利用するのが一番おすすめです。
種類によっては数日のうちに返済すれば利息のかからないカードローンもあるのです。

わたくし、なっちの【金借りガイド】では、お金を借りる方法についてのメリットやデメリットなどを挙げながら、詳しくご紹介したいと思います。

あなたのお役に立てれば幸いです!
賢く利用しながら活用していきましょうね!!

銀行系のカードローンが一番審査が厳しいのです

カードローンには系統の違いにより次の3つに分けることが出来ます。

消費者金融系

信販会社系

銀行系

上記3つの系統の中で最も審査が厳しいのは銀行です。銀行がカードを発行するため、他の系統よりも審査が厳しいと言われています。
その反面、金利が最も低いのも銀行です。審査が厳しいため金利は低めに設定されています。

信販系会社のカードローンは、クレジットカード会社が発行するため、3つの中では一番馴染みやすい安心感が魅力とも言えるでしょう。

  • 【審 査】 消費者金融 < 信販会社 < 銀行(厳しい)
  • 【金 利】 銀行 < 信販会社 <消費者金融(高い)

一般的なお金を借りる方法

急なお金が必要となったとき、お金を借りる方法としては次の3つの方法が一般的です。

家族や友人からお金を借りる

公的機関からお金を借りる

クレジットカードのキャッシングでお金を借りる

家族や友人からお金を借りる

計画的な住宅ローンや開業資金などでお金がある程度必要な時はもちろん、急な出費ですぐにでもお金が必要な場合でも一度は一番身近な家族(親族)や友人から資金を得るというのは考えるかと思います。

確かに家族(親族)や友人からお金を貸して貰うのは、他の第三者から借りるのとは利息も返済期間も特に決めることがないだけに融通が利くのが最大の長所です。
しかし、この場合は後々トラブルになる可能性が非常に高く、「金の切れ目が縁の切れ目」といったように例え僅かな金額だったとしてもあんなに仲の良かった友達でも、お金が絡むと疎遠になったというようなケースが十分に起こります。

また借りた側は忘れてしまいがちのようですが、貸す側は忘れることは決してありません
ただ貸す側は自分から返してくれとは言いにくいので、連絡があるのを待っています。

これがトラブルの原因となるのです。
従ってほんの少額程度の貸し借りや当日・翌日にすぐにでも返せる状況ならいいとしても、基本的には親族や友達からお金を借りることは避けた方が良いでしょう。

公的機関からお金を借りる

公的機関というのは、社会に貢献するために働いている人の組織(行政機関)のことで、いわゆるお役所のことです。

用途が明確な教育ローンなどは「株式会社日本政策金融公庫(日本公庫)」を利用したり、マイホームのための住宅ローンでは、銀行などの民間ローンの政府系金融機関である「住宅金融公庫が行う公庫融資」を利用するのが一般的で、低金利または無利息で利用することもできるため、便利で借り手にやさしい制度となっています。

ただ公的機関は消費者金融や銀行からお金を借りるのとは違って、店舗まで足を運んだり、手間もかかります。
そして手続きも非常に面倒だったり、利用の条件が厳しく融資の審査に時間もかかるため、早く現金を手にしたい人には向かない方法とも言えます。

クレジットカードのキャッシングでお金を借りる

家族にも友人にも借りづらい。ましてや公的機関からは断られたことがある・・・
例え借りたとしても万が一返しそびれた場合の家族や友達・知人との信頼関係、公的貸付制度との信用問題は一定のリスクがあります。

しかしキャッシングはお金さえ返済してしまえばリ何のリスクも伴いません。

キャッシングは即日融資も対応可能で、しかも利息も安い銀行や消費者金融からお金を借りることで返って便利なことも多いのです。

キャッシングと言葉を聞いただけでネガティブなイメージを持つ方も多いことでしょう!
しかし計画的な利用を心がけていればきっとあなたの生活を支えてくれる頼もしい存在となってくれるでしょう。

友達や知人からお金を借りるのってやっぱり後々のトラブルの原因にもなるよね~

女性ってほら!ちょっとしたことでも気になるじゃない?
本当に気心の知れてる友達ならまだしも、例え100円でもイヤな人はイヤだし・・・

お金を借りることによって、「だらしない」とか「計画性がない人」って思われたくない。

せっかく築いた人間関係、そんなことで一瞬にして壊してしまうなんて悲しいものよ。

その点、キャッシングならそんな心配はご無用ね!
金融機関によっては最短即日融資をしてくれるところもあるからとっても便利!

カードローンを選ぶポイントNO1は金利が低いこと!

キャッシング含めたカードローンはスピーディな審査回答でしかも使用用途は特に定めがありません。
おまけに審査さえ通過すれば、あとは限度額範囲内であれば必要な時にすぐにお金を借りられます。

そんなカードローンはみんな、何を基準にして選んでいるのでしょうか。
これもジャパンネット銀行のアンケートによって次のような結果となっています。

数%でも低く借りたいと思っている結果の表れですね!

また、カカクコムが2014年夏に実施したアンケートによると、やはりNo1の「金利の低さ」、No2の「安心感」は「信頼出来る会社が運営していること」となっており、重要ポイントとしているのがわかります。

他には「無利息期間がある」「審査が通りやすい」「手続き/書類が簡単」「借入や返済方法の自由度が高い」などといった点も、カードローンに求める重要ポイントとなっています。

カードローンを上手く利用すれば決して怖いものでもありません

カードローンを利用するに際し、一番重要なことは「返済日を守る」ということです。
この、返済日を毎月守ることで信用が構築され、次の融資にも繋がります。

自分自身を守るためにも、審査が通ったならば返済期日はを必ず確認することが重要です。

そしてこの約束さえ守って計画的に利用できれば、いざという時にもきっとあなたの心強い味方となってくれるでしょう!