今日中に、今すぐお金を借りたいのなら、WEB申込み後に、「無人契約機」を利用することです!
女性「無人契約機」はいわゆる無人店舗などに設置されているローン契約機です。

審査は申込み順で行われていきます。
そのため、日中に借りたいのであれば先ずはWEB上からら申込み審査を行うことが即日融資を可能にする最短の方法です。

WEB手続きはパソコンからはもちろん、ネット環境が整っていればお手持ちのスマートフォンや携帯電話、タブレット等どのデバイスからでも申込みが可能です。

ただし、審査受付終了時間や無人契約機の営業時間を考えると、午後9時までに必ずWEBでの申込みを済ましておくことが重要です!!

最短でお金を借りる方法をもっと詳しく知りたい場合は、このページの申込みはWebで!書類提出・契約は無人契約機が最も早い!に詳しく解説しています。どのような順序で申込みをすればいいのか、参考にして頂ければと思います。

総合ランキング!おすすめ金融業者はこちら!!

  1. プロミス

    30日間無利息!「瞬フリ」利用で最短10秒回答
    プロミス
    実質年率 4.5~17.8%
    借入限度額 1万~500万円
    審査時間 最短30分
    融資時間 「瞬フリ」利用で最短10秒
    プロミスの審査はインターネット上で申込みを行った場合、最短30分の審査が可能です!更に三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば、「瞬フリ」というプロミスならではのサービスで24時間最短10秒で自分の銀行口座に振込をしてくれるので、急にお金が必要になった場合、当日中に借入れをすることが可能です!

    またプロミスでは消費者金融を利用する女性のために女性専用の「プロミスレディースキャッシング」という専用窓口も設けているため、安心して利用することができます。
    電話での申込み、実際の融資まで全て女性オペレーターが取引の相談をしてくれます。


  1. モビット

    即日・最短!!10秒で簡易審査結果表示
    モビット
    実質年率 3.0~18.0%
    借入限度額 1万~800万円
    審査時間 10秒簡易審査
    融資時間 「Myモビ」利用で最短3分
    モビットの一番の特徴は、とにかく審査が非常に速いこと、「10秒簡易審査」があるということです!「10秒簡易審査」はホームページやローン申込機から申込み、入力が終わると仮の審査結果が10秒で出るというものです。これはあくまでも仮審査ではありますが、お金が借りられるのかNGなのか、それだけでもすぐに目安がわかるのはとても助かりますよね!

    また、モビットはローン契約をすることで会員専用サービスの 「Myモビ」を利用することができます。「Myモビ」は事前に口座登録が必要ですが、平日9:00~14:50までに借入れの手続きを済ますことで、最短3分で自分の登録した口座へ直接振り込んでもらう事が可能です。このように審査・融資共に早いというのは急いでいる方にとってはかなり魅力的なカードローンです!


  1. レイク

    180日間なら5万円まで利息なし!「金利ゼロ円」
    レイク
    実質年率 4.5%~18.0%   
    借入限度額 500万円
    審査時間 最短30分
    融資時間 最短40分
    新生銀行カードローン レイクの一番の魅力は、2つの無利息サービス「30日間無利息サービス」「5万円まで180日間無利息サービス」というレイク独自の無利息サービスがあることです。特に180日間もの間、利息がゼロとなるサービスはレイクにしかなく、このサービスを上手に使えば、とっても便利且つお得にお金を借りる事が可能です!

    そして、自動契約機を利用すれば曜日に関係なく即日融資を受ける事ができます。
    また新生銀行カードローン レイクは銀行カードローンのため、総量規制という考え方はなく、年収の3分の1以上のお金を借りる事ができます。
    ※注意:平日14時までに、お申込みと必要書類の確認の完了が必要です。


今日中にお金が必要なら消費者金融が断然おススメ!

「今日中にお金を借りたい!」「急な飲み会でどうしてもすぐにお金が必要!」というあなたには、「銀行系カードローン」よりも断然「消費者金融のカードローン」がおすすめです。

なぜならば、消費者金融のカードローンは銀行系カードローンに比べると、次のような大きな特徴があるからです。

・審査までのスピードが圧倒的に早い!
・一定期間、無利息になることも!
・今日中に借入が可能、もちろん土日祝もOK!

では一つづつ詳しく解説しましょう!

審査までのスピードが圧倒的に早いから即日融資が可能!

消費者金融の審査時間は銀行系カードローンと比べると先ほどでもお伝えしたとおり、回答までのスピードが違います。
ではなぜ、消費者金融の方がスピードが早いのかと言うと、銀行は自社で審査を行わないで保証会社に委託するケースが大多数のため、審査に時間がかかってしまうのです。

銀行の融資というのは基本的に、「担保」を取ることを条件に、担保の価値の範囲内で融資を受け付けています。「担保」と聞いて一番に頭に浮かぶのが「不動産担保」のローンではないでしょうか。不動産担保のローンは土地や建物などの不動産を担保にして、融資が決定するというシステムです。

銀行は三大業務と言って、主に「預金」「融資」「為替」を主要業務としています。「担保」を条件にお金を貸す業務は3つの中で見ると「融資」業務となりますが、「担保」を取らない「無担保」でのノウハウは実はあまりないのです。
理由は無担保でお金を貸すには、それなりの債権回収の技術や能力が必要になるからです。
そのため銀行は保証会社に頼んで審査を行っているため、消費者金融が独自で審査を行っているのと比べると審査スピードに差が出てしまうのです。

このようなことから、消費者金融の方が審査時間が短いことによって融資までの時間も短縮できるのです。

銀行にはない「無利息サービス」が実施!一定期間金利ゼロになる可能性大!

消費者金融には「無利息サービス」という、すなわち融資を申込むと一定期間の間、金利がゼロ円になりますよ!というサービスを実施しています。

銀行カードローンでは一部、「新生銀行カードローンレイク」と「ジャパンネット銀行」がこの無利息サービスを行っていますが、消費者金融では次の4社が実施しています。

・アコム
・アイフル
・プロミス
・ノーローン

金融会社によって細かい条件や、適用開始日などはそれぞれ違いますが、小額の借入で短期間で返済可能な場合などは、いくら銀行カードローンの方が低金利だからと言って利用するよりも、無利息サービスを利用した方がかえって返済金額が低くなる場合があります。

もしも無利息期間内に確実に返済できるのであれば、上手に利用すれば金利ゼロ、借り入れた金額だけ返済すればいいため大変お得です。

無利息サービスについてもっと詳しく知りたい方は、別サイトでより詳しくまとめています。消費者金融での無利息サービスだけでなく、銀行系カードローン「新生銀行カードローンレイク」と「ジャパンネット銀行」の無利息サービス含め6社について徹底比較していますので、気になる方はこちらのリンクから辿ってください。

自動契約機が利用できるから今日中に借入可能、もちろん土日祝もOK!

消費者金融には無人契約機(自動契約機)というタッチパネル式の契約システム機器を単独に設置している金融会社が多く、係員と直接対面を避けたい申込み者や少しでも早くお金を借りたい人にとって、とても助かる環境となっています。

無人契約機は一人で無人契約機が設置してある場所に出向き、操作をしなくてはならないため、もしかしたら「操作が途中で分からなくなったらどうしよう」と心配になるかも知れません。
しかし、そのような心配をする必要性はなく、もしもわからないところがあれば、申込み中はオペレータとテレビカメラなどでつながっているため、聞きながらスムーズに申込みを進めることができます。

土日祝日にお金を借りたい場合は無人契約機を利用!

無人契約機は多くの場合、朝8時から夜10時頃までは営業しているため、その場でカードを受け取れば、その日のうちに融資を受けることが出来ます。

そのため、平日で且つ今日中にどうしてもお金が必要になった場合や15時を過ぎてしまった場合は、振り込み処理が翌日扱いとなってしまうため、無人契約機を利用すれば、土日祝日の場合でも夜まで営業しているため、すぐにお金を借りることができます。

無人契約機のある金融会社で土日祝日にお金を借りたい方は、別サイトでより詳しくまとめています。
無人契約機が設置されている各消費者金融の営業時間も載せていますので、気になる方はこちらのリンクから辿ってください。

申込みはWebで!書類提出・契約は無人契約機が最も早い!

PC・スマートフォン・携帯電話などから必ず先に申込みを済ませておき、審査結果の後に無人契約機へ出向くことが最も早くお金を借りられる方法です。
最初から無人契約機へ行くと、混んでいて何時間も待たされたということもあるからです。

この作業だけを先にWeb上で済ますことによって、無人契約機での申込み作業は混み具合によっては前後しますが、平均して30分ほどで済ますことが出来るでしょう!

では具体的にどんな流れで行えばよりスムーズに融資まで今日中に完了することができるのか、説明したいと思います。

無人契約機の流れ

今日中に借入可能とする一番早い方法は次の通りです。

1.ネット上で申込みを済ませておく
2.仮審査通過の連絡
3.必要書類の準備
4.必要書類を持参し、無人契約機へ
5.無人契約機にて書類の提出、申込み
6.カードが発行、キャッシング借入可能
1.ネット申込み

インターネットの環境さえ整っていればPC・スマ―トフォン・携帯電話など、どのデバイスからでもOKです。
ネット申込みは24時間365日対応しているため、先に申込みだけを済ませておき、仮審査が出てからすぐに出られなくても無人契約機に出向く時間をオペレータに伝えればスムーズに事が運ぶでしょう!

ただし、今日中に借入をしたいのなら、9:00~21:00の間までに申込みを済ますことが必要です。

2.仮審査通過の連絡

申込みを済ませると最短30分で仮審査の連絡が入ります。(混み具合によっては1~2時間かかることもあり)
内容は仮審査の可決・否決の連絡があり、可決の場合は借入可能額についての連絡がきます。

この仮審査というのは、仮審査が通過すれば、ほぼ本審査も問題ないと言われています。ただし、電話などでオペレータに再度質問された内容が申込書と違っていた場合は、本審査で否決される場合もありますのでウソ・偽りの内容での申請は避けましょう!

仮審査が通過したのを確認したら、この後の申込みは無人契約機で行いたい旨をオペレータに伝えます。
そうすると、自宅近くの無人契約機をオペレータより案内されますので、場所等を確認します。もしも自宅近くだとかえって誰かに見られる可能性があるのでは・・・と懸念される方は、自宅より少し離れた場所にも無人契約機があるかどうかをオペレータに質問すれば丁寧に教えて貰えるため、遠慮なく聞いてみたら良いでしょう!

3.必要書類の準備

無人契約機に出向く際、絶対に忘れてはいけないものは「身分証明書」です。
「身分証明書」というのは「申込者がいったいどういった人物なのか?」ということが確認できるための書類です。
「身分証明書」は主に「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」の3つがあります。

「健康保険証」は公的機関が発行している書類として信用がありますが、かと言って健康保険証だけの提示では本人確認が不十分です。そのため健康保険証と同時に顔付きの公的な証明書も必要となります。
顔付きの公的な証明書は、3つの証明書のうちの残りの「運転免許証」や「パスポート」を指します。
そのため、金融会社が一番信頼する証明書の組み合わせは、「健康保険証」と「運転免許証」や、もしくは「パスポート」という組み合わせとなるのです。

無人契約機に持参する必要書類については、仮審査の連絡があったときにオペレータに聞くと良いでしょう!

4.必要書類を持参し、無人契約機へ
プロミスの自動契約機

必要書類を準備したらいよいよ無人契約機まで出向きます。

無人契約機に着き個室に入ると、タッチパネル式の機械と受話器やインターホンが備え付けられており、受話器を通してオペレータと話しをすることができます。店頭窓口で対面で申込みをすることが恥ずかしい・苦手な方にとっては気を遣う必要もなく気楽に申込みができます。

だからと言って金融会社が何も見ていないと言えば、そうではありません。仮にも無人契約機は大事なお金や書類を扱う場所です。セキュリティが何もないわけではありません。

カメラの向こうでは申込者の行動は丸見えです!そのため、怪しい行動や余計な行動は極力控えるよう注意する必要があります!

プロミスの自動契約機

また家族や知人に消費者金融に入るところを見られたくないという理由から、サングラスや帽子をかぶり、そのままの姿で申込みしてしまう場合もあるかと思います。

しかし、これではカメラの向こう側のオペレーターは本人確認をとることもできません。そのため「ご本人さま確認のため、帽子・サングラス・マスク等をお外しいただくことをお願いしております」と自動契約機下にあらかじめ記載してあります。

これは、なりすましを防ぐことでの確認事項でもあるため、個室に入ったら外すことがスムーズに審査を通過するための第一歩です。

タッチパネルの操作はいたって簡単です。オペレータの案内の流れに従ってタッチしていくだけで申込みは進んでいきますので、その点は不安に感じることはないでしょう!

今日中にお金を借りるためには、あと少しです!!

5.無人契約機にて書類の提出、申込み

先ずは無人契約機に備え付けてある「申込書」に必要事項を記入しておきます。
金融会社によっては手書きではなく、直接タッチパネルにて映し出される様式に沿って入力します。

プロミスの契約内容確認書・説明書 (上記の申込書はプロミスのものです。⇒プロミス 即日融資

記入・入力が終わったら必要書類を提出(読み込み)します。ここまでの作業が終わって、本審査を待ちます。
本審査の間に、勤務先への在籍確認などが行われます。上記の場合は個人事業の場合のため、本人確認の連絡は自分の会社(=自分の携帯)へ連絡が入りました。

もしも申込書に不備、もしくは申込書と先ほど提出した必要書類の内容に相違があった場合は、オペレータから幾つか質問されることもあります。

6.カードが発行、キャッシングが可能
プロミスの契約内容確認書・説明書

暫くしたら、審査結果と「正式な利用限度額」が表示された、契約書「契約内容確認書」等が印刷されてきます。(上記契約書等はプロミススのものです)

これで限度額も確定し、融資が受けられる状態になります。

次はカードの発行がされる準備に入ります。
カードの暗証番号を入力してしばらくすると、ローンカードが発行されます。

備え付けのATMでお金を下ろしたり、各消費者金融の提携のATMでお金をおろすことができます。

一般的なお金を借りる方法

急なお金が必要となったとき、お金を借りる方法としては次の3つの方法が一般的です。

家族や友人からお金を借りる
公的機関からお金を借りる
クレジットカードのキャッシングでお金を借りる

家族や友人からお金を借りる

計画的な住宅ローンや開業資金などでお金がある程度必要な時はもちろん、急な出費ですぐにでもお金が必要な場合でも一度は一番身近な家族(親族)や友人から資金を得るというのは考えるかと思います。

確かに家族(親族)や友人からお金を貸して貰うのは、他の第三者から借りるのとは利息も返済期間も特に決めることがないだけに融通が利くのが最大の長所です。
しかし、この場合は後々トラブルになる可能性が非常に高く、「金の切れ目が縁の切れ目」といったように例え僅かな金額だったとしてもあんなに仲の良かった友達でも、お金が絡むと疎遠になったというようなケースが十分に起こり得ます。

また借りた側は忘れてしまいがちのようですが、貸す側はお金を貸したということを忘れることは決してありません。
ただ貸す側は自分から返してくれとは言いにくいので、連絡があるのを待っています。

これがトラブルの原因となるのです。
従ってほんの少額程度の貸し借りや当日・翌日にすぐにでも返せる状況ならいいとしても、基本的には親族や友達からお金を借りることは避けた方が良いでしょう。

公的機関からお金を借りる

公的機関というのは、社会に貢献するために働いている人の組織(行政機関)のことで、いわゆるお役所のことです。

用途が明確な教育ローンなどは「株式会社日本政策金融公庫(日本公庫)」を利用したり、マイホームのための住宅ローンでは、銀行などの民間ローンの政府系金融機関である「住宅金融公庫が行う公庫融資」を利用するのが一般的で、低金利または無利息で利用することもできるため、便利で借り手にやさしい制度となっています。

ただ公的機関は消費者金融や銀行からお金を借りるのとは違って、店舗まで足を運んだり、手間もかかります。
そして手続きも非常に面倒だったり、利用の条件が厳しく融資の審査に時間もかかるため、少しでも早く現金を手にしたい人には向かない方法とも言えます。

クレジットカードのキャッシングでお金を借りる

家族にも友人にも借りづらい。ましてや公的機関からは断られたことがある・・・
例え借りたとしても万が一、返済し忘れた場合の家族や友達・知人との信頼関係、公的貸付制度との信用問題は一定のリスクがあります。

しかし、キャッシングはお金さえ返済してしまえば何のリスクも伴いません。

キャッシングは即日融資も対応可能で、しかも利息も安い銀行や消費者金融からお金を借りることで返って便利なことも多いのです。

キャッシングと言葉を聞いただけでネガティブなイメージを持つ方も多いことでしょう!
しかし計画的な利用を心がけていればきっとあなたの生活を支えてくれる頼もしい存在となってくれるでしょう。

カードローンを選ぶポイントNO1は金利が低いこと!

キャッシングを含めたカードローンはスピーディな審査回答でしかも使用用途は特に定めがありません。
おまけに審査さえ通過すれば、あとは限度額範囲内であれば必要な時にすぐにお金が借りられます。

そのようなカードローンをあなたは、何を基準にして選んでいるのでしょうか。
ジャパンネット銀行が実施したアンケート結果によると次のような結果となっています。

カードローンを選ぶポイント

カードローンを選ぶ時に最も重視したいポイントNo1は「金利」で、No2の「安心感」を大きく離す結果となりました。
それだけ多くの方が数%でも低く借りたいと思っている結果の表れですよね!

また、カカクコムが2014年夏に実施したアンケートによると、やはりNo1の「金利の低さ」、No2の「安心感」は「信頼出来る会社が運営していること」となっており、重要ポイントとしているのがわかります。

他には「無利息期間がある」「審査が通りやすい」「手続き/書類が簡単」「借入や返済方法の自由度が高い」などといった点も、カードローンに求める重要ポイントとなっています。

果たして金利が低ければそれだけでオトクに借りられる?

いくらアンケートで「低金利」を理想としていても、ただそれだけの理由で金融会社を決めてしまうのは正しい選択ではありません。

では何を基準に選べば、満足の出来るカードローン会社を探すことができるのかと言うと、次のような特徴で選ぶのが良いでしょう。

  • 無利息サービスを実施しているカードローン会社

もしもあなたが少額での融資を希望としていて、ある程度返済日の目処がたっている、それも1ヶ月以内で返済できるのであれば、各消費者金融の実施している「無利息サービス」を利用しない手はありません。
この「無利息サービス」はこのページでも何度も出てきますが、それだけお得だと言うことです。

カードローンを上手く利用すれば決して怖いものでもありません

カードローンを利用するに際し、一番重要なことは「返済日を守る」ということです。
この、返済日を毎月守ることで信用が構築され、次の融資にも繋がります。

自分自身を守るためにも、審査が通ったならば返済期日を必ず確認することが重要です。

そして、この約束さえ守って計画的に利用できれば、いざという時にきっとあなたの心強い味方となってくれるのです。

  1. プロミス

    30日間無利息!「瞬フリ」利用で最短10秒回答
    プロミス
    実質年率 4.5~17.8%
    借入限度額 1万~500万円
    審査時間 最短30分
    融資時間 「瞬フリ」利用で最短10秒


  1. モビット

    即日・最短!!10秒で簡易審査結果表示
    モビット
    実質年率 3.0~18.0%
    借入限度額 1万~800万円
    審査時間 10秒簡易審査
    融資時間 「Myモビ」利用で最短3分


  1. レイク

    180日間なら5万円まで利息なし!「金利ゼロ円」
    レイク
    実質年率 4.5%~18.0%     
    借入限度額 500万円
    審査時間 最短30分
    融資時間 最短40分